GREETINGS|代表挨拶

Decrypt the history. Encrypt the future.

世界経済の変遷

Global GDP
WorldGDP_1-2020
US GDP
USGDP_historical
Japan GDP
JapanGDP_historical
S&P500 Index
S&Phistorical
Gold USD/oz
Goldprice_USD_historical
Cryptocurrency
Bitcoinprice_historical

Big Dream, Small Luggage

 世界のGDPは1970年にUSD 2.9Tn(約1,044兆円 $1=¥360)でした。2020年の世界のGDPはUSD84.7Tn(約9,317兆円 $1=¥110)となり、50年間でドルベースでは29.2倍に、年率6.98%のCAGRで成長しました。全世界の運用資産(AUM)は2016年の84.9兆ドル(8490兆円)から2025年の145.4兆ドル(1京4540兆円)まで10年間で1.71倍に増加しています。
 50年間でアメリカのGDPは1970年のUSD1.07Tnから2020年のUSD20.93Tnまで成長。ドルベースで19.56倍に、年率6.12%で成長しました。
 アメリカの上場企業価値評価指標であるS&P500インデックスは1970年の92.15ドルから2020年の3,756.07ドルまで、40.8倍(年率7.7%)で米国GDPよりアウトパフォームで成長しました。50年間でNYSE上位企業の8割は入れ変わりますが、世界の変化に対応し、バークシャーハサウェイ、マイクロソフト、テスラ、アマゾン、グーグル、フェイスブック、NVIDIA、NETFLIXなど一部の企業に至っては期間内に10,000倍以上(年率20.2%以上)の成長を記録しています。

 一方日本の上場企業価値評価指標である日経平均の1970年12月終値は1,987.14円で、2020年12月終値は27,444.17円。50年間で13.8倍(年率5.4%)で米国に比べ大きくアンダーパフォームでした。この背景は、米国と日本のイノベーションエコシステムの違いでしょう。

 超伝導は1911年に現象として記録され、1957年にBCS理論が確立し、2020年代以降で実用化されつつあります。超伝導現象がたまたま起こり、それを再現する過程でモデルが出来上がり、実用化されてくると一般の人には何かわからない状態でも世の中を変えてしまうというように、時代を担う企業も、何百回、何千回、何万回の試行錯誤の過程で生まれてくるものです。Tanaakkは、先人の試行錯誤による結果の相違と、複利の威力を真摯に受け止め、次の50年間で時代のシンボルとなる100兆円企業グループの構築を計画しています。

 世界および日本の発展のボトルネックを特定し、機会の不平等を是正し、より住みやすい地球を子の世代、孫の世代に引き継ぐべく、また、西暦2100年(第87期決算)の時価総額1000兆円に向けて、テクノロジーの力でよりよい暮らしを作るべくグループ総出で日々尽力しています。

Tanaakk株式会社
代表取締役 田中 翔一朗