SaaS/PaaS/IaaS/Economics

Decrypt the history. Encrypt the future.

SaaS/PaaS/IaaSの意義

サービスコンポーネントで成功した企業はデータ資産を有効活用するために産業データアーキテクチャを定義し、プラットフォームに移行します。IaaSはコンピューティングリソースを1時間単位で販売するという考え方で、全世界複合的な固定資産が発生するグローバルコミュニケーションシステムを新しく定義し直しました。

paas_iaas_saas

産業データアーキテクチャ定義

IaaS/PaaSであることは表面上に現れる売上などの効果以上の経営上の意味があります。

1

Up to Date/ Secure

IaaS/PaaSであることにより、全世界でハードウェア、OS、コンテナ、ミドルウェア、DevOpsを常に最新に保ち、セキュリティを担保します。

2

R&Dラボ

サービスをコンポーネントとして捉え、データアーキテクチャを元に、データが決まるとUIが決まるといった自動生成機能(ローコード、ノーコード)でマイクロサービスを量産できる体制に。

3

M&A、インテグレーション

ここのサービスを乱立させるのではなく、インフラストラクチャと認証基盤、データアーキテクチャを共通化することで、買収したプロダクトのシームレスな統合を実現。

研究開発ポートフォリオの観点とIaaS/PaaS/SaaS

結果として、投資家の立場で、事前に設定したベンチマーク以上の経営成果と機会利益が得られる場合には開発を継続、ベンチマークを下回る場合は開発を停止といった柔軟な投資判断と、組織の方向転換が可能になります。またマイクロサービス化したプロダクトにそれぞれプロダクトオーナー権を与えることにより、エンジニアのモチベーションを構造的に担保しています。

開発コミュニティ・エコシステムの計測と成長管理

基本的なプロダクトは社内に内包しますが、API連携での互換性を再重要視するとともに、オープンソースソフトウェアコミュニティとの連携、社内で用意されたチケットシステムやAI FAQで解決できない問題のディベロッパーコミュニティおよびソーシャルメディアでの不満の解消と計測を実施しています。